AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

太田紀行 vol.8 現代日本画へようこそ、最終日

本日、6月10日をもちまして、太田市美術館図書館で開催していました

開館1周年記念 佐久市立近代美術館コレクション+「現代日本画へようこそ」

が終了いたしました。

遠方の所を、お忙しい中をいらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

いつか、この展覧会をきっかけとして、よりスケールアップした「現代日本画へようこそ」の展覧会が開催されることを祈って。

最終日の今日、遣らずの雨でしたね。

 

クローズした会場の画像は、担当学芸員小金沢智さんのFbからお借りしました。

 

f:id:aguriuchida:20180610212620j:plain

 

 

太田紀行 vol.7 Japan Snake Centerと白蛇姫

 

 

f:id:aguriuchida:20180609010547j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610151615j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610151702j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610151837j:plain

 

白蛇姫、突然にあらわれた美しい人だったな、腰まで垂れた柔らかい髪と白蛇が絡みつくよう。

白蛇姫って、アイヌの伝説に出てくる女神さまのことよね、いつか絵に描きたいなー。

一緒にいたスーツの男性もこの世のものとは思えない、異界の人よね、ふたりはぜったい。

 

f:id:aguriuchida:20180610152036j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610152217j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610152311j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610163318j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610152712j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610152850j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610153602j:plain

太田紀行 vol.6 娘たちと

 

 

f:id:aguriuchida:20180609004009j:plain

 

太田在住のアーティスト、片山真里さんと偶然に会えて、みんなで一緒に記念撮影。

片山さん、素敵な女性で、会えて嬉しかった。

娘の亜里とだいぶ前の群馬青年ビエンナーレで一緒だったそう、片山さんが覚えていてくださって、小金沢さんからお聞きしました。亜里もびっくり。

不思議な出会いですよね、それも太田でとても嬉しかったできごと。

 

f:id:aguriuchida:20180609004054j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180609010120j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180609004232j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180609010221j:plain

 

この写真、映画「八日目の蝉」のようだ、と友人が言ってたけど。

 

f:id:aguriuchida:20180609010320j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180609010409j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610154900j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180609004348j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180609010458j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180610154756j:plain

 

 

リトグラフ 石のまわりで

リトグラフ 石のまわりでー の展覧会が5月21日から始まります。

私はリトグラフの公開制作で参加します、公開制作は5月末頃に美術館1階で行います。

 

f:id:aguriuchida:20180522161538j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180522161627j:plain

 

昨日は美術館内部に作られた公開制作のための場所へ、描画材やドローイング、資料などを運んで自分のアトリエの巣作りをしました。

少しでもこの場所で心地よく制作できるように、周囲の目を気にすることなく、なるべく普段の雰囲気で制作に集中できれば、と思ったのです。

画家にとって、ただその場所に行って制作すればできるという、人が思うほど公開で制作することはそう安易なものではなくて、決心がいるのですよ。

絵を描くことは、どんな些細なことでも、助走が大切だと私は思うのですね。

少しだけ入り口近くに見えるリトグラフのプレス機、石に描いたものを、このプレス機で版画の教員が刷ってくださるそうです。

それにしても、どうやってあの重いプレス機を美術館まで運んだのでしょうね!

謎です。

傍のプレス機の存在を見るにつけ、

自分の作品が刷られていることを想像すると、気持ちが高揚してくるのです。

 

f:id:aguriuchida:20180522161752j:plain

 

f:id:aguriuchida:20180522162250j:plain