読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

国東半島、再訪

 

大分県立美術館開館記念展の帰り、国東半島の富来に友人を訪ねました。何回訪れても国東はすばらしい、風景も人も、ほんとうに移住をしたくなる場所です。

 

f:id:aguriuchida:20150516104837j:plain

 

友人の家は築100年以上の農家、ご主人は国東の歴史や文化を研究なさってたり、絵や写真も嗜まれています。広い庭に面して廊下ギャラリーがあって、写真や絵が展示されているのですが、その絵が小さい作品ですが、とても魅力的なのです。

家は広い畳敷きの昔ながらの日本家屋、居間の柱時計は100年以上も時を刻み、いまでも1時間おきに時を告げてくれるそうです。

 

あー、こんな家で暮らして絵がえがけたら! そしてすっかり国東の子になってしまったしあん。

 

f:id:aguriuchida:20150516105457j:plain

 

f:id:aguriuchida:20150516105649j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20150516110005j:plain

 

顔がおばあちゃんにそっくり、ほんもののおばあちゃんみたいだ。

 

f:id:aguriuchida:20150516111347j:plain

 

こんなに素晴らしい国東ですが、最近はどんどん若い人たちや子供たちいなくなり、人口が減少しているそうです。富来では近くの小学校も廃校になったそうです。大分市別府市は新しい駅ビルや美術館ができ、活性化して人口が増えていくのに対して、国東は最近になって大手企業のソニーも撤退し、ますます若い人たちの働く場所がなくなっています。残されていくのは高齢の方がたばかり。

若い人が働く場所がないのはいちばんきついですよね。

素晴らしい文化や風土、仏像をもっていても、近い将来に国東が取り残されていくのは目に見えています。

あと数年で大学を辞めたら、ほんと国東に移住したい気持ち。

 

おばあちゃんの靴をはいて遊ぶしあん。

 

f:id:aguriuchida:20150516112536j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20150517111313j:plain