読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

写本「千蟲譜」 

 

「千蟲譜」を日本画の授業で使用するための覚え書き。

 

幕府侍医であり本草学者でもあった栗本丹洲(1756-1834)「千蟲譜」の写本。原書は文化8年(1811)頃に刊行。「千蟲譜」は著者、丹洲が虫を捕り飼育観察し類別して解説を書き。さらに自ら写生して図版を載せた図鑑である。

幕末頃の転写と推測され、解説はもちろん彩色を施された図版まで緻密に写されている。図像学、文字形象、造本、造本デザインの研究資料。

 

             ー武蔵野美術大学美術館図書館、貴重図書詳細から抜粋ー

 

 

f:id:aguriuchida:20160304131232j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20160304131303j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20160304131333j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20160304131417j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20160304131450j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20160304131515j:plain