読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

沖縄のハブ

 

f:id:aguriuchida:20170105000613j:plain

 

 

国頭村の宿屋に飾られていたハブの皮。宿のご主人がハブを捕獲した後に剥がした皮、身は食べたと言ってました。

たまには毒を持つ生き物を喰らった方が、体のためにはいいとか。

美味しいよと言われたけど、たぶん私には無理かな。

 

そうえいば、琉球新報沖縄タイムスなど沖縄の新聞は「紙ハブ」と言われてて、

つまり、

無謀な時の権力へ対抗、噛みついてる、とのことからこの呼称がついてるそうです。

ジャーナリズムのあるべき姿ですよね、沖縄の新聞は。

沖縄の人々は暖かくて、底抜けに明るくて、面倒見が良くて、そして人間味があって、今回の滞在でも本当によくしていただきました。

 

「長い間、辺野古も高江も日本の政府は馬鹿にしている。」

友人が小さく呟いた一言が、私の心に深く突き刺さっているのです。

 

沖縄の人たちの気持ちを代弁するためにも、「紙ハブ」にこれからも頑張って欲しいですね。