AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

蘇生

 

学生時代に描いた50号の絵、大学2年生の頃だったから、今から50年近く前の作品でしょうか。

パネルから剥がして、巻いて、長い間そのまま放置をしていたので、ボロボロの状態でした。

画面には折り皺と無数の深い亀裂と、傷跡と、もうこのままダメになるかもしれないと、それでもアトリエの壁に長く貼っていたのです。

 

昨日、その絵の修復と裏打ちをしました。

 

作品を裏返しにすると現れた別の絵、表の絵は描きかけの絵の上にきっと描いたのですね。

線描の裸婦のシルエットが現れてきたのでびっくり。墨の線がしっかりと残っていました。

 

f:id:aguriuchida:20181209110131j:plain

 

f:id:aguriuchida:20181209110424j:plain

 

f:id:aguriuchida:20181209110921j:plain

 

f:id:aguriuchida:20181209111212j:plain

 

 

f:id:aguriuchida:20181209111525j:plain