AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

収蔵品展066「コレクター頌 寺田小太郎氏を偲んで」

東京オペラシティアートギャラリーでは、2019年4月20日(土)ー6月23日(日)まで、寺田コレクションの作品群が展示されています。私の作品は「女人群図ーⅠ」が展示されています。

この作品は、5月20日から武蔵野美術大学美術館で始まる「内田あぐりーー化身、あるいは残丘」の展覧会に出品する「女人群図ーⅡ」と同じテーマで描き、ともに第2回創画会展で創画会賞を受賞し、旧都美術館の会場に2点並んで展示された思い出の深い作品です。また、「女人群図ーⅠ」は大学院修了制作でもあり、優秀賞を受賞しました。

新宿と小平で、同じ時期に二つの作品が展示されること、感慨深いのです。

とりわけ、寺田さんとは新宿でよくお酒をご馳走になって、寺田さんの自然観や芸術論などのお話を伺っていて、それがとても面白かったのです。亡くなられる少し前には武蔵美日本画学科へも特別講師でお招きをして、若い学生への色々なお話をしていただきました。

寺田小太郎氏は昨年の11月に逝去されました、とても残念でなりません。

謹んで心からお悔やみを申し上げます。

 

収蔵品点066「コレクター頌 寺田小太郎氏を偲んで」

http://www.operacity.jp/ag/exh221.php

 

f:id:aguriuchida:20190514175057j:plain

「女人群図ーⅠ」1975年  206.0×290.0cm