AGURI UCHIDA

画家、内田あぐりのブログ

絵の引越し、そして那覇の首里城炎上 2019年10月31日

 

武蔵美を退任するにあたり、個人アトリエにある山のような絵の引越しをしました。

来年3月の退任だから、少し気が早いとは思ったのですが、一気にこの日に引越しをすることになりました。

手伝ってくれたのは、スクエア4の方々、卒業生3人と2年生が一人の総勢8名。

2代のトラックに全部を積み込むことができずに、引越し先の所沢と2往復をする羽目となりました。

手伝ってくれたみなさん、本当にどうもありがとうございました!!

アトリエはもぬけの殻、今の研究室には近くの他の場所から一度引っ越しているのですが、30年間にわたりこのアトリエで絵を描かせてもらい、特に大作を描くのには目一杯によく使わせてもらいました!

個人アトリエには感謝の気持ちでいっぱいなのです。

 

f:id:aguriuchida:20191102124119j:plain

 

f:id:aguriuchida:20191102124212j:plain

 

f:id:aguriuchida:20191102124303j:plain

 

仮の住まいは所沢にある為壮くんのアトリエ兼倉庫。

f:id:aguriuchida:20191102124337j:plain

 

みんなと一緒に食べた引っ越しそば、西武園近くの「そば処 ごろう」美味しかった!! 

f:id:aguriuchida:20191102124412j:plain

 

早朝の5時に起きて、テレビのニュースをつけると、沖縄那覇首里城が炎上していた!! 首里城が全部燃えてしまった!

ショックでニュースを見ながら悲しくて泣いてしまった。

2019年10月31日、武蔵美からの絵の引っ越しの日は、忘れられない一日となったのです。